きらくかんblog HOME
INFORMATION
からだクリエイトきらくかんの
ブログへようこそ!

からだクリエイトきらくかんHP
http://www.kiraku-kan.com

体の使い方を変えて不調を改善する整体トレーニング「からだレッスン」。
新宿三丁目・八王子北野にスタジオ、
京都・大阪でもレッスンしています。

八王子北野スタジオ新宿スタジオのほか、
京都・大阪横浜で定例レッスン&ワークショップを開催しています。

からだマスターコース体と心を実感しながら学ぶからだマスターコース、各地で開催!

MAILMAGAZINE
きらくかんのメールマガジン
「きらくかん便り」 の購読はこちらから



powered by まぐまぐ!

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
過去の記事
LINKS
MAP
新宿店

新宿店地図
北野スタジオ

北野スタジオ

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

モバイル
qrcode
PROFILE



春真っ盛りと右重心

体は春真っ盛り!

新陳代謝が体の内側で静かーーにアップしてきています。

ここまでくると春の体も総仕上げ。

むしろちょっとこれから来る夏の季節を

軽やかに過ごせる準備が始まっている、という感じです。

 

今の時期の体のサインは「右重心」。

体の右側いある、肝臓がぶわっと拡がって、

その重みで右前に傾いてきます。

 

右の腰がへん、とか

右の股関節が詰まった感じ、とか

右の違和感だけでなく、

右に引っ張られて左にくることもあります。

 

左の肩がつれる、

左の膝の内側が痛い、

 

今の時期、左右差を感じるトラブルがあったら

それは春の変調かもしれません。

冬の間にためていた老廃物を分解排泄しようとしてくれて

静かにはたらいている肝臓。

まー、ちょっと許してあげましょう。

 

こんな時はしっかりとおなかを伸ばすことがポイント。

そしてしっかりと背面を使って、前傾しないように歩きましょう。

 

そして、春分前後は、一年で一番体がかわる季節です。

骨盤を中心に、芯から大きく動くことをしましょう。

 

一番簡単なのは、姿勢良く歩くこと。

ちょうど産前産後のブログに歩き方をあげたので参考にしてくださいね。

 

きらくかんの春入りワークショップ

からだレッスンなら、的確に骨盤の中から動けますよ!

 

そしてこの大切な時期、今年はオクタニが京都でレッスン

関西のみんなの体開きをお手伝いしますよ!

 

「今年は芯からからだを変えたい!」という人は

ぜひ3月からからだレッスンを受けてくださいね!

 

 

 

 

 

 

| きらくかん日記 | 2019.03.09 Saturday | 08:10 |
からだから人生を観る

きらくかんにいらしている、80代のお客様。

先日、全身骨格クリーニングをさせていただきました。

 

お体を拝見してびっくり!

土踏まずのアーチがとてもきれい!

 

土踏まずのアーチは、体を支える筋力が衰えると

落ちてきてしまいます。

高齢になると、筋力の低下から

アーチのない、偏平足のような足の人がほとんどなのですが、

その方の足は、ほんとうにきれいに盛り上がった土踏まずなんです。

 

土踏まずだけでなく、体幹の筋肉もほんとうにすばらしい。

いつもレッスン中、いろんなお話をするのですが、

ボケなんてまるで無関係。

たのしいお話の中に、すばらしい学びのエッセンスがちりばめられていて、

いつも感動してしまうんです。

 

この方のきれいな土踏まずを作ったのは、エクササイズではありません。

長い間、今でも自営で立ち仕事をされていたからこそ、の、この足なんです。

そして、ただ長年立っていてもこの足にはなりません。

自分の意志をもって、背筋を伸ばして、しっかりとお客様を迎えて立って来た。

体から読み取れる、その方の人生はほんとうにすばらしい。

こんな生き方がしたい、と憧れるお体です。

 

からだマスターコースではこうした

からだから人生を垣間見る、からだの見方を

感じとってもらえたらなーと思っています。

 

からだマスターコース詳細はこちら

http://www.kiraku-kan.com/14498001972510

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| きらくかん日記 | 2019.02.03 Sunday | 10:10 |
ボイトレとコアトレ

先日の腹筋の話の続きです。

 

内臓を引き上げるための筋肉の使い方には

ちょっとしたコツが必要で、

これ言語化するのがとても難しい。

 

ポイントは

どこを使うかと、

強さ、

そして方向性。

 

コアトレのプロでも

「やってるつもり」になっているだけがあまりに多いのが現実です。

 

きらくかんに来るお脚んさんたちは、

こうしたプロの方もいらっしゃいますし、

まったく運動経験がない人もたくさん。

 

そうした人たちに

ちゃんと効果的にこの筋肉たちを使ってもらえるために

きらくかんは長い間研究を続けていますが、

 

最近とても手ごたえを感じているのが

「声を出しながら行うこと」

この方法でやると、みんな最適な筋肉の使い方ができるようになるんです。

 

実は私、去年フラの大きな大会にチャレンジしていたのですが、

それって踊るだけじゃなくて、歌を歌いながら踊るものだったんです。

大きな会場で、踊りながら、しっかりと声を出していくために

声の出し方をいろいろ調べて研究していました。

 

すると、私たちがやっている「内臓を支える筋肉の使い方」と、

大きな通る声をを出す発声法にはとても似ていることが多いことに気がついたのです。

 

大きな通る声をを出すというのは、大声を出す、というのとはちょっと違うんです。

体という楽器をフルに使って、響かせる感じ。

体全体を大きな管楽器にするようなイメージです。

 

「体全体を大きな管楽器にする」というのは

重たい内臓たちを引き上げる筋肉たちにスイッチが入るように整列させるのと同じ。

私たちはこれを「体の中に大きな土管を作る」っていう言い方をしていました。

 

あとはその大きな管楽器に音が響くように、声を出すだけ。

 

実際に、歌を歌う人にもレッスンでやっていますが、

無理なく通る声が出るようになっています。

 

特に内臓の引き上げを意識するなら、

どの音でもいいので

「低い音→1オクターブ高い音」

というように音程をあげると、

体の管楽器の中で、腹筋や、腰から背中にかけての筋肉が

上に向かって上がっていくのが感じられるんです。

昨日産前産後ブログで紹介した、このエクササイズ、
是非参考にしてみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

| きらくかん日記 | 2019.01.31 Thursday | 10:00 |
効かない腹筋トレーニングしてませんか?

「最近、おなかぽっこりだわ〜、ちょっとマズいなあ〜」

 

と思って、おうちトレーニングする人のほとんどが

 

「腹筋を鍛える」

 

ことからスタートすることが多いと思います。

 

が!

 

これが間違いなんですね〜

 

「え?なんで?だっておなかが出ちゃってるんだから腹筋でしょ?」

 

と思いますよね。

 

でもぽっぽりおなかの一番の原因は

 

内臓脂肪よりも

内臓下垂。

 

おなかに着いたお肉を落とすイメージではなくて、

さがった内臓を持ち上げることのほうが必要です。

内臓を持ち上げる筋肉を使ってあげると、代謝もあがるため、

内臓脂肪も落ちていきます。

 

内臓を上げるためのトレーニング。

それは腹筋からスタートするとうまくいきません。

 

そのステップ1は骨盤の角度です。

内臓を持ち上げてくれる筋肉たちを整列させてちゃんと使うためには

骨盤を立てることが第一条件。

腰が丸まったり、反りすぎたりしていると、

腰が立たないので、筋肉たちが整列できません。

骨盤底筋を下に敷く角度が本来の骨盤の角度。

うまくできない人は骨盤底筋が縮んでいるかも。

 

ステップ2は、背骨沿いの筋肉のスイッチを入れること。

背筋、なんだけど、インナーマッスルの背筋です。

肺の中にたまった空気を上に押し出す動きが

内臓を一緒に持ち上げてくれるので、

呼吸と合わせることが大切です。

 

ステップ3が腹筋。

「腹筋を使おうとする意識というよりも、

ステップ2で背中側の筋肉を使うと

自然と一緒に働く、というイメージ。

へこませる、というよりも、引き上げる、に近いです。

 

ここまで出来たら、あとは、目的に合わせて負荷を調整するだけ。

 

特に女性の場合、間違った腹筋トレーニングは

骨盤の血行不良になるので気をつけて欲しいなあー・・・

 

からだレッスンで自分の体にあった腹筋トレーニングを

確認しに来てくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| きらくかん日記 | 2019.01.22 Tuesday | 13:22 |
春の波に乗ろう

寒ーい日にぽつぽつ混ざるあたたかい日。

いよいよ春の波が来ましたね。

今日からのあたたかさで後頭部から肩甲骨が少し動いてくると思います。

 

ちょっと頭痛が出る人も多いかな?

それと、たくさん泣いた後みたいなぼーっと感。

ぼーっとしてるけど、ちょっと気持ちいい、みたいな感じになる人も多いかも。

 

例年の年明けすぐの第一波、今年はとても弱かった。

頭痛持ちの人は、頭痛が出ていたけど、

そうでもない人は、あまり感じなかったと思います。

 

春に向かうあたたかさは、

いろんなものを開いていく。

 

人も、お花も。

 

開くと普通は、下がっていくんだけど、

開きながらふわっと上がるのが春の特徴です。

 

でも人間はお花と違って重たい内臓や頭があるから

ふだん、その重さを支えられていない人は、

ふわっと上がれなくて、開きながら下がっちゃう。

 

そうすると、やたらと眠くなったり、

気持ちが落ち込んだりしやすくなります。

 

「開きながら上がる」というのは

体の構造上、本来はありえないこと。

 

それが、季節の力で味わえるのが

春のだいご味です。

 

体が開いて上がるとえられるのは、

何とも言えない幸福感。

これからの未来が、すべて明るく色鮮やかに感じられます。

ここで明るい未来のイメージをたっぷり体感することで、

それを現実化させていく「夏」という季節が生きてくるんです。

 

そんな春の恩恵を味わえるために

ぜひきらくかんを活用してくださいね。

 

全身骨格クリーニングも、少しテーマが変わってきます。

 

年末までの全身骨格クリーニングは

「はがして動きやすく」、

これからの全身骨格クリーニング

「開いて上げる」

 

もちろんひとりひとりのお体にあわせて

必要なクリーニングをしていきますよ。

 

これからスタートする

「春入りワークショップ」

今週スタートした

「春入りフラレッスン」

 

開いて上がる、春のからだづくりにぴったりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| きらくかん日記 | 2019.01.11 Friday | 09:11 |
2019年のテーマは「クリエイト」

奥谷まゆみです。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。
みなさんは、どんな2019年を迎えていますか?
今年は
どんな年になるだろう?
どんな年にしようかな?
毎年、三元日はそんなことを考えながら過ごしています。
無理やりテーマを決めるのではなくて、
今の流れや、自分の気持ちの向く方向を感じながら。
そんな私に浮かんだ今年のテーマは「クリエイト」
「新しい始まり」「創造」の、大きな大きな波が、
今、自分に来ている感じです。
今までの人生で培ったことを生かしつつ、
でもそれにとらわれず、
新しいことをたくさん生み出す、創造の年、始まりの年。
「からだクリエイトきらくかん」の「クリエイト」の部分が
大きく働く一年になったらいいな、と思っています。
テーマは毎年変わっても、やりたいことはひとつ。
生き生きと人生を楽しめる体づくりです。
みんなの幸せのために、今年も一年お手伝いさせてくださいね!
明日からまた、スタジオでお待ちしています。
今年もよろしくお願いしまーす!
| きらくかん日記 | 2019.01.03 Thursday | 18:46 |
感動の再会!

つぶつぶのゆみこさんから

 

「まゆみさんのこと、ブログに書いたよー」って

メールが来ました。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://ameblo.jp/otaniyumiko-official/entry-12411290250.html

 

そう、先日のブログでも、ゆみこさんとの出会いの話を書きましたが、

実は最初の出会って、はじめて一緒にお仕事したあと、

しばらく会わない時期があったんです。

 

数年後のある日、

スタジオに行くために京王線に乗ったら、

なんと、斜め前にゆみこさんが!

それも、その車両、私とゆみこさんしか乗ってなかったんです!

 

後で聞いたら、ゆみこさん、乗り間違えた電車だったとか!

 

まさに、ふたりが再会するための電車、だったわけですーー。

 

で、電車の中で、数年ぶり、とは思えないような深い話になり、

また一緒にお仕事するようになって、

現在に至る、というわけです(笑)

 

そんなゆみこさんと私のぶっちゃけトークラジオ

「新しい私になる」

 

もうすぐ丸5年経つなんてっ!!

でもまだまだ話したいこと、いっぱーーい!!!

 

6年目も楽しみにしていてくださいね☆

 

 

| きらくかん日記 | 2018.10.14 Sunday | 18:45 |
つい食べ過ぎる季節には

食欲の秋!

この時期は美味しいものがあり過ぎて、

毎年食欲が全開!!です。

腹八分では止められず、

つい腹一杯まで食べてしまう…。

するとやってくるのは胃もたれに腹痛です(>_<)

食べ過ぎでお腹がいたーい!

そんな時、

以前であれば

右を下にして横になり、

丸くなってじっとしていました。

子供の頃になんとなく教わったのはこの姿勢。


でも今は違います!

丸くなるの逆、

ひたすら背中を伸ばす動きをしています。



実はこの動き、

お腹にスペースを作るだけでなく

もう一ついい効果があるのです。

背中伸ばしは

内蔵を引き上げてくれる支える筋肉のスイッチを入れる第一歩。

背中が丸いと支える筋肉は使えません。

ちゃんと引き上げられていれば、

内蔵の働きは活発に。

消化もはかどる♪


20代の頃からずっと

祖母も胃下垂、遺伝だからしょうがないと諦めていた私の体。

背中を丸めてお腹の力を抜くクセがあっただけ。

それでたくさん食べるものだから、

胃や腸が重くなり支え切れずにズドーンと下がってきただけのこと(笑)


下腹がぽっこり出ていて

お腹は伸びてるものと思っていたけれど、

実は縦方向にはけっこう縮んで固まっている!


ぽっこりお腹を引っ込めるには、

ギュッと力んで押すんじゃなくて

中からそおっと引き上げればいい!


背中を伸ばして

支える筋肉をオンにすれば、

お腹は中から引き上がる。

その仕組みが、やっと体で分かりました!


体を支える筋肉のスイッチ、

背中の使い方。

気になる方は

ぜひ一度きらくかんへお越し下さいね。

私たちと一緒に体を動かしましょう!


スタッフ

保土沢みえ

| きらくかん日記 | 2018.09.30 Sunday | 15:30 |
自分を知ることが出発点!

「何かになりたいときには、今の自分を知ることはとても大切」

先日のマスターコースで冒頭に言われていた言葉です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

普段、自分の姿を見る機会といえば

朝身だしなみを整えるときやお風呂の鏡などが多いでしょうか。

私も普段の生活ではそのぐらいしか見る機会がありませんでした。

 

そんな中、8月に帰省した際

毎日の何気ないいろんな場面で、両親が孫の写真を撮ってくれていたのですが、

そこに映り込む【こどもと遊ぶ私】の姿の数々…

久しぶりにこんな全方位から自分の姿をみることになりました。

正直言って、びっくりしました!!

 

背中、丸いなー!!!(思ってたより)

首、まだまだ出てるなー!!!(思ってたより)

 

どちらも自覚はしていたつもりでしたが、想像以上の丸さと出かたで

全然本当の自分の姿がわかってなかったんだなと改めて思う機会となりました。

 

先日はじまったマスターコースでもまずはじめに取り組んだことは「自分をしらべる」こと。

ここでさらに細かく自分の姿を目の当たりにし、

「現状を知る」以上に事実を受け止めることができて初めて「変わりたい」「変えていきたい」と強く思えるようになるのかも…と感じました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マスターコースでも自分を知ることからはじめて、これから様々な取り組みをしていきます。

からだレッスンでも、まずは今のからだの現状をお伝えしてから目指す姿にむけてエクササイズを取り組んでいきます。

 

目指す姿があったり、今の自分を変えたいというときにはぜひきらくかんにきてまずは「今の体の状態」を確認してみてくださいね。

皆様の変化をスタッフが丁寧にサポートします!

 

 

スタッフ 木村

| きらくかん日記 | 2018.09.20 Thursday | 10:09 |
肩だけど、肩じゃない

腕が上がらない、肩が痛い、

四十肩、五十肩と言われる肩の痛みを含め、

肩のトラブルでからだレッスンを受ける方はたくさんいます。

 

病院に行くと

肩関節が石灰化している、とか

筋肉が固まってる、とか

 

なんだか大変なことが起こっているような気持ちになることを言われて

慌てて鍼治療に行ったり、整体や整骨院に毎日のように通ったり。

 

「でもよくならないんです」

「痛みは引いたのですが、可動域が狭くなって、もう治らないんでしょうか?」

 

と、きらくかんを訪れます。

 

なぜなかなか治らないのか。

それは肩だけ治そうとしているからです。

痛いのは肩でも、

原因は肩じゃないんです。

 

肩が動かなくなったのは

他の部分で動きにくくなっているところがあるから。

 

そして、それは、人によって違うんです。

でもざっくり言えば体幹部。

 

きらくかんでは左右の肩の動きを見ながら、

どこが原因になっているのか、

そしてどうしたらそこが動けるようになるのかを見つけます。

 

背骨だったり、

胸の骨だったり、

 

先日のレッスンでは、肩の可動域はかなり広がったんだけど、

まだある動きだけがひっかかる、って人がいて

よーーく観察してみたら

左の肋骨の下あたりの奥のほうに固まった筋肉があって

そこを動かせるようにしたら、スムーズに動けるようになった、

なんて人もいました。

 

ひとりひとりの体をちゃんと観る。

私たちは当たり前のことだと思ってやっていますが、

お医者さんも、治療院も、トレーナーも、

やっている人が少ないのがとても残念。

頭の中にある「治し方の知識」で治療や施術や指導をしてしまうことが多いようです。

 

「どんなトラブルでも、

答えはその人の体の中にある」

 

そこから目をそらさないのが、きらくかんのからだレッスンです。

 

きらくかんのからだレッスン

http://www.kiraku-kan.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| きらくかん日記 | 2018.09.17 Monday | 20:28 |