きらくかんblog HOME
INFORMATION
からだクリエイトきらくかんの
ブログへようこそ!

からだクリエイトきらくかんHP
http://www.kiraku-kan.com

体の使い方を変えて不調を改善する整体トレーニング「からだレッスン」。
新宿三丁目・八王子北野にスタジオ、
京都・大阪でもレッスンしています。

八王子北野スタジオ新宿スタジオのほか、
京都・大阪横浜で定例レッスン&ワークショップを開催しています。

からだマスターコース体と心を実感しながら学ぶからだマスターコース、各地で開催!

MAILMAGAZINE
きらくかんのメールマガジン
「きらくかん便り」 の購読はこちらから



powered by まぐまぐ!

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
過去の記事
LINKS
MAP
新宿店

新宿店地図
北野スタジオ

北野スタジオ

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

モバイル
qrcode
PROFILE



<< 「ヒトとして」体を使う | main | 1・2・3月のオクタニデー☆ >>
「ヒトとして」体を使う◆嵶つ」は、地球の上に乗っかることではない

からだマスターコースパーソナルで学ぶ4つのテーマの一つ目「ヒトとして生きるための体の使い方」。

 

その中の大切な1つが「意識を持って体を使うこと」です。

ヒトとして生きる意識、ヒトとして体を使う意識です。

 

二本足で立つという、人間の基本的な体の使い方。

これは「立とう」という意識がないとできません。

無意識にやっているようですが、「立とう」と思うから立てているのです。

だから、意識がもうろうとするとすぐに倒れてしまいます。

 

赤ちゃんが立てるようになるのも、

自然と体が成長して立てているのではなく、

彼らなりに「立ちたい」「歩きたい」という意識が

立てる体、歩ける体を作っているのです。

 

寝返りを打ったり、

ハイハイをしたり、

つかまり立ちをしながら、

立てる筋肉を育てているのです。

 

赤ちゃんの周りに

手を貸してくれる人がたくさんいて、

歩かなくても、どこでも抱っこで連れて行ってくれたり、

なんでも目の前にもってくれるような環境の子は

なかなか「立ちたい」「歩きたい」という意識が芽生えないので、

歩けるようになりません。

 

立つこと、二本足で歩くことは

意識が大切なのです。

 

そして

立つという動作は、

地球の上に乗っかっていることではないのです。

 

どちらも立っているように見えますが、

筋肉の使い方がまるで違います。

地球の上に乗っかっているような立ち方をしている人は、

筋肉が重力にひっぱられて下を向いていますが、

意志を持って立っている人は、

両足が、しっかりと地球の中心に向かって杭をさすように伸び、

その反作用で、体の軸が天に向かって伸びています。

 

よく武術などで使う

「天地人」

という状態だと思います。

 

体の軸は心の軸でもあるので、

まわりに振り回されない、

でもがんこではなく、しなやかな心の軸をもてるようになります。

 

からだマスターコースパーソナルでは、

エクササイズだけでなく、こうした「しくみ」についても

たくさんお話していきます。

 

からだマスターコースパーソナルの詳細はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| からだマスターコースパーソナル | 2020.01.07 Tuesday | 12:51 |