きらくかんblog HOME
INFORMATION
からだクリエイトきらくかんの
ブログへようこそ!

からだクリエイトきらくかんHP
http://www.kiraku-kan.com

体の使い方を変えて不調を改善する整体トレーニング「からだレッスン」。
新宿三丁目・八王子北野にスタジオ、
横浜・京都・大阪でもレッスンしています。

八王子北野スタジオ新宿スタジオのほか、
京都・大阪横浜で定例レッスン&ワークショップを開催しています。

からだマスターコース体と心を実感しながら学ぶからだマスターコース、各地で開催!

MAILMAGAZINE
きらくかんのメールマガジン
「きらくかん便り」 の購読はこちらから



powered by まぐまぐ!

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
過去の記事
LINKS
MAP
新宿店

新宿店地図
北野スタジオ

北野スタジオ

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

モバイル
qrcode
PROFILE



(おなかの)赤ちゃんてこんな人、らしい
全く新しい新新お産本ではありますが、
お伝えしたいことの根っこは今までのお産本と同じです。

特に一番大切なのはおなかの赤ちゃんとのコミュニケーション指 っていうところは
今までと同じです。

でも「コミュニケーションを取ろうき」 と思っても、
相手が海海のものなんだか、
山のものなんだか、
何語が通じるのか外人
どう思って腹の中にいるんだか宇宙人
何もわからないとコミュニケーションがとりづらいアセアセ

というわけで、今回の新新お産本では
(おなかの)赤ちゃんてこんな人、らしい、というのを書きました。

外で起っていることはちゃんと理解できている、らしい
赤ちゃんは怒らない、らしい
赤ちゃんはママが大好き、らしい
赤ちゃんは自分で選んでやって来ている、らしい
ママに対して全肯定、らしい
赤ちゃんは気持ちを集めてもらえることが好き、らしい
赤ちゃんは自分の頭がどっち向いているか知っている、らしい


どれも赤ちゃんに直接 「ねーねー、そうなんでしょーわらうDocomo108」って
確認をとれているわけではないのだけれど、
たっくさんのおなかの赤ちゃんとその後の成長をみてきて
「どうやらそうらしい電球」と思ったことを書いてみました。

コミュニケーションのヒントにしてみてくださいねkamule

JUGEMテーマ:育児
| いのちの育ち方 | 2012.06.18 Monday | 12:12 |
ペティキュアのすすめ

足の指は手の指みたいにお箸を持ったりはできないけれど、
歩いたり、立ったりする時にとても大切な働きをしてくれます。

しっかり歩けない人、立てない人、腰の力がない人、コア筋のない人は
足の指を使っていません

そんな人でも足の指に意識を向けて動かしているとちゃんと動かせるようになって
足の指だけでなく、足裏全体、脚全体、骨盤まで動きがよくなって、
歩き方も立ち方も体の使い方がぐんぐん変わってきます

でも寒い冬は暖かい靴下をはきっぱなしになりやすくて、さらに忘れがち
触ってみてもぷにょぷにょで、まるでゴムでできた作りものみたいになってます


そこで提案

冬こそペティキュアを塗りましょう
足指のおしゃれをしましょう

きれいにペティキュアを塗ると、ちょいちょい足指を見たくなります
足の指をヒラヒラ動かしてキラキラさせてみたくなります
靴下を脱いでいる時間が自然と長くなります
それだけで自然と足指を動かすことが増えてくるから、足先の血行が良くなってきます。
重ね履きにまかせっきりは卒業しましょう

地に足がついてこそ、人生は活き活きと楽しめるのです
足指をしっかり使って、リアルを楽しもう


 

| いのちの育ち方 | 2012.01.17 Tuesday | 21:44 |
妊娠中のツケとたくわえ
JUGEMテーマ:育児


「どうして妊娠中のからだを観るとお産や産後のからだや、子育てまでわかるのですか
という質問をいただきました。

「産後どうなるか」は、妊娠中(ホントは妊娠以前からだけど)にツケをどれだけ作るか、蓄えをどれだけ作るかによって変わります。


その中でも産後に大きくかかわってくるのが、骨盤や下肢の筋肉量と、赤ちゃんとのコミュニケ―ションの量です

どちらもツケと蓄えだから、
蓄えがなくても、産後から育てていけばいいわけだし、
妊娠中にツケをつくってしまったら、産後にツケを返済すべく増やしていけばいいわけです。
だから、「ないからアウト」ということではありません。
でも、産後に元気に子育てをしたかったら、このふたつを蓄えておくといいよ、ってことです。

骨盤は骨だから自分では動けません
骨盤を動かしてくれるのは、骨盤の中の筋肉(インナーマッスルってやつですね)と、下肢の筋肉です。
産後の骨盤を締めてくれるのは、ベルトでもガードルでもなくて、骨盤の中の筋肉です。

だから、妊娠中の骨盤や筋肉の状態をみれば、どんなふうにお産がすすむか、産後の回復はどうなるか、ほぼ見当がつきます。
運動したくても、妊娠中に体調がわるくて安静を余儀なくされていた人は、蓄えのない状態から産後がスタートするから、
蓄えていた人よりちょっと頑張ろう、ということになります。

妊娠中の体調を良くするのも、お産をスムーズにするのにも、産後の骨盤回復にも、楽しい育児のスタートにも
一番大切なのはおなかの赤ちゃんとのコミュニケーションです。
赤ちゃんとコミュニケーションをとりながら、気持ちよさを大切にマタニティライフを過ごす。
きらくかんの産前産後はこれが軸となっています。

妊娠中のお腹の赤ちゃん、特に中期・後期の赤ちゃんを触ってみると
その子がコミュニケーションのとりかたを知っているか、いないかがよくわかります。
知ってる子は「誰が来たのかな?」という反応をするし、知らない子は「何が起こったの?」という反応をします。

妊娠中にコミュニケーションをとってこないツケは、産後に赤ちゃんとのやりとりがうまくできないという大きなツケになります。
10か月の妊娠期間にじっくりじっくりコミュニケーションを育てていくのはとても楽ですが、
産後の、赤ちゃんも自分の体をどう扱っていいかわからないような時期からだとちょっと大変。
いきなり言葉の通じない、文化も習慣も違う外国人がホームステイにやってきてた!しかもまだ自分では動けない、って感じです。

もちろん先日も書いたとおり、それはそれで「しっちゃかめっちゃかな大変さ」は、とてもいい経験ではあります。

産後、何かうまくいかないと感じたら、妊娠中の自分のからだの使い方とと、赤ちゃんとのコミュニケーションを振り返ってみてください。
そしてツケのあるところ、蓄えの足りなかったところを補えば、ぐっと元気になりますよ

 

 

 

 

 

| いのちの育ち方 | 2011.06.16 Thursday | 08:22 |
産後につらいこと
JUGEMテーマ:育児

産後のからだの回復のために始めた産前産後の整体でしたが、
実際、骨盤の問題よりも深刻で、「骨盤調整のために出張したけど、ああ、本当に行ってよかった!」
と、感じるのは、赤ちゃんとの生活、子どもとのコミュニケーションがとれなくて
育児がつらいママたちのお手伝いができたことです。

今、きらくかんでは「育児を楽しめるこころとからだ作り」を目標に産前産後のからだレッスンをおこなっています。

そして面白いのは、これを目標にするだけで、
妊娠中の体調もよくなり、お産もスムーズになり、産後の骨盤の回復も良くなるのです。

そしてもっと言ってしまうと、
妊娠中のお体を観れば、
どんなお産になるか、どんな産後の育児になるかがほぼわかってしまうのです。

妊娠した人のほとんどが目指すのは「元気な赤ちゃんを産むこと」。
たしかにそれは大切なことです。

ただまずいのはそこを目的にしてしまうと、赤ちゃんが生まれたところでゴールな感じになってしまって、
そこから間髪いれずにスタートする「子育て」が
「あれ?ゴールテープ切ったところなのに…」って戸惑いが生じてしまうことがとても多いのです。

産後のことを意識している人でも、産後の骨盤のことは気になるけど、「楽しい育児の始まり」を目指そうとする人はあまりいないようです。
(一人目の産後、赤ちゃんとの関係性がうまく持てずに、育児がつらかったママだと、今度の出産では楽しく育児をスタートさせたい!って
思ってくれる人はいるけれど、初産の場合はまず考えていない人がほどんどかもしれない…)

それはたぶん、妊娠中の生活が産後にはじまる育児を楽しめることにつながっていることに気づいていないからかもしれません。

でも、赤ちゃんとの関係性が持てるようになるまで、そのコミュニケーションがとれない赤ちゃんとのしっちゃかめっちゃかの数カ月がいけないわけではないんです。
この「しっちゃかめっちゃか」は、母にとっても、子どもにとっても、そのあとに素晴らしい財産になります。
その大変な期間を「がんばって!」ってサポートするのも、きらくかんの大切なお仕事だと思っています。

だけど、このままじゃあ大変な産後になることがわかっていて、妊娠中の過ごし方で、そうならないように変える方法を知っていたら、
やっぱりそれを伝えたくなる。知ってほしくなるのです。

 

| いのちの育ち方 | 2011.06.13 Monday | 08:44 |
80点母ちゃんを目指そう
JUGEMテーマ:育児

きらくかんに来るママたちは、頑張り屋さんがとても多いです。
家族の幸せを願って、毎日頑張っているママです。

頑張ってヘトヘトになってきらくかんに来るママ
頑張ったけど、まだまだダメって、自分を責めてるママ

そんなママたちに、よくこんな話をします。

「100点ママじゃなくてさ、80点でいいんだよー。
職場だと、自分が80%しかできないと、残りの20%が誰かの負担になるかもしれないけど、
子育ては違う。80%しかやらないと、残りの20%は子どもができるようになる。
ママが足りないほうが、子どもは育つんだよ

子どもの要求が読み取れないけければ、子どもはもっと要求をしっかり伝える力がでる。
子どもを楽しませられなかったら、子どもは自分から楽しいことを見つける力が育つ。

放りっぱなしっていうんじゃあ、ないんだよ。

そういう力を信じてあげる、そして、新しい力が育ったらほめてあげる、助けてくれたらありがとうを伝える。

そうすれば、100点ママより80点ママのほうが、ずっといいママだよ。

こういう関係性があれば、80点じゃなくて、70点でも50点でも大丈夫。
もっと育つ力を信じて大丈夫なんだよ」

ほんとはね、子育てはそんなに大変じゃないんだよ。
育つ力を信じよう

 

 

 

 

 


 

| いのちの育ち方 | 2011.01.26 Wednesday | 22:14 |
今、子育ての本を書き始めています
今まで何冊かの本を書いてきたけど、実を言うと、一番書きたかったのはコレですチョキ

12年前、子育てなんてぜ〜んぜ〜ん違う世界の話♪と思っていた自分が出産して、
いきなり「子育て界」にデビュー。
ほとんどの人がそうだと思うけど、自分が子育てを始めるまでは
世の子育てがどんなんかなんて、ぜんぜん知らなかったと思うのね。
私もそうだった。

自分も子どもを産んで、その「やべー」っていう経験から、
たくさんの産前産後の人たちや、子育て中のママたちの整体をしたり、
自分自身も子どもを保育園に預けたりしながら、世の中の子育てっていうものを知ってみたら
正直「なんじゃこりゃ????」の連発だったの。

「こ、こ、子育てってこんなことしてんの〜ピピピ???」

お母さんたちはみんな、すごく一生懸命。
毎日悩んで、毎日本当に頑張って子育てしている。
ただその中には、必要のないことや、やらない方がうまくいくこともたくさんあるの。

私は運よく、整体というものを学んで、仕事にすることができたおかげで、
「生き物はこういう風にできていて、こういう風に育つ」ということを知ることができたから、
子育てはすごく楽だったし、とても楽しかった。今も進行形でね。
でももし、それを知らなかったら、多くのお母さんと同じように、私もつらい子育てを頑張ってやることになっていたと思うの。

こりゃあ大変だ!みんなに知らせなきゃ!!!

じゃあ、どこから話せばわかってもらえるかな〜、と思って書いたのが、最初の本の「女本(現在の「おんなみち」)」です。

そして、その続きとして書いた「お産本」は、産むことにまだ興味がない人にも、楽しく読んでもらえるお産の本を目指して書いた本でした。
お陰様でお産本は、おそらくお産の本としてはありえないくらいにいろんな世代の方に読んでもらっています。

今度の子育ての本も、「子育てなんてまだまだ関係ないな」という人に読んでもらえる本になったらいいな、と思っています。
「えぇ〜?子育て真っ最中で、悩んでいる私たちはもうあきらめろってことなの〜??」とは思わないでね!
もちろん、子育て中の人に、一番お役に立てる本になるはずです。


子育ての本、というよりも、いのちの育ち方。いのちってこうやって育つんだよ。という本です。
子育てとは、その、「育ついのち」のサポートなのです。
いのちの育ち方がわかると、子育てはぐんと楽になる。
きらくかんでのその経験を、本にしたいと思っています。

それには、この本を、母親目線で子どもの育ちを見るのではなくて、
自分たちはどうやって育ってきたかを振り返りながら、いのちの働きを実感できるような内容にしたいと思っています。
だから自分育て、自分磨きに一生懸命な女の子たちにもぴったりな内容になると思うよ。

お母さんたちの相談を受けていると、
素の自分ならわかること、「私だったらどう感じるか」を考えればわかることが、
「自分はお母さんだから」「母親としてはどうしたらいいか」という気負いから、わからなくなっていることがとっても多いことに気づきます。

子育て中の人も、自分育て中の人も、
自分の今までの人生の道のりの中にある、忘れていた「いのちの知恵」に気づくと、
きっともっと肩の力を抜くことができると思います。

いのちの育ち方は、整体をしながら発見したことばかり。
「へえ〜!いのちってすっごいなあびっくり」って、みんなにも伝えたいことがいっぱい!

それをすこし整理するために、このブログを使って、
書きたいこと、伝えたいことを、少しずつ書きためて行こうかな、と思っています。

よろしくおねがいしま〜す!
| いのちの育ち方 | 2010.10.19 Tuesday | 21:17 |