きらくかんblog HOME
INFORMATION
からだクリエイトきらくかんの
ブログへようこそ!

からだクリエイトきらくかんHP
http://www.kiraku-kan.com

体の使い方を変えて不調を改善する整体トレーニング「からだレッスン」。
新宿三丁目・八王子北野にスタジオ、
京都・大阪でもレッスンしています。

八王子北野スタジオ新宿スタジオのほか、
京都・大阪横浜で定例レッスン&ワークショップを開催しています。

からだマスターコース体と心を実感しながら学ぶからだマスターコース、各地で開催!

MAILMAGAZINE
きらくかんのメールマガジン
「きらくかん便り」 の購読はこちらから



powered by まぐまぐ!

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
過去の記事
LINKS
MAP
新宿店

新宿店地図
北野スタジオ

北野スタジオ

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

モバイル
qrcode
PROFILE



シャバに出よう

「ナニ不謹慎なこと言ってるんすか!!!!」

 

と、怒られそうですが、

そういうつもりではないんです。

 

ウイルスを拡散させないためにも

自宅待機は必要。

 

でも、たまに外に出ましょう。

外って言っても、玄関から一歩でるだけでいいんです。

人との接触が怖かったら

早朝でも夜中でもいい。

 

ようはね、

 

「囲いのないところに出ること」。

 

なんです。

 

囲いの中にいると、

物事を考える視野が狭くなりやすいんです。

狭い中にいると、いつも同じ距離感でしか目を使わなくなり、

そうすると、

人とのかかわりの距離がうまくいかなくなったり、

過去・現在・未来という時間の距離感覚が鈍くなってしまうんです。

 

ここ数週間で、すっかり思考が固まっている人を

多く感じています。

 

こんな時だからこそ

柔軟な発想が大切。

こんな中で

どうやったら楽しくやれるか

うまくやれるか、

いつも以上に柔軟で広い視野で

物事を考える必要があるよね。

 

遠くに行くんじゃくて、

一歩家から外に出て、伸びをしよう。

目玉をぐるぐる動かそう。

こんなにいい季節なんだもん、

きれいな新緑を見よう。

 

「運動が必要」と思って

外を歩いている人を見かけると、

みんな誰にも関わりませんように!

って感じで、

外気をシャットダウンしてるみたいな表情で歩いていたらもったいない!

 

実はこの「シャバに出よう」っていう提案は

産後のお母さんによく提案するアドバイスなんです。

骨盤調整よりずっとずっと大事!(笑)
柔らかい発想で
楽しいことをいっぱい見つけよう!

 

 

 

 

 

| きらくかん日記 | 2020.04.05 Sunday | 11:54 |
マスクの下は笑っていよう

仕事中も、移動中も外にいる間中マスクをしていることが多くなりました。

 

からだレッスンに来る人からも

 

「なんだかアゴが変」

「顔がたるんだ気がする」

「どんより頭が重いのはマスクのせいでは?」

 

という声を聞きます。

 

マスクをしているとどうしても顔の動きが小さくなりますよね。

それに人に見られていないって、こんなにも違うのか!

っていうほど、顔の力が抜けて、暗い顔になっていることも…

 

そこで提案です!

 

マスクの下でずっと笑うチャレンジ、してみませんか?

どうせマスクしてるんだもん、

普段だったら「ど、どしたの???」っていうくらいの笑顔でいてもわからない!(笑)

 

実は私、フラを一生懸命やっていた時に

舞台の遠くからもわかるような笑顔になれるように、

通勤中にマスクをしてずーーっと笑顔をキープする、という

練習をよくしていたんです。

 

これがなかなかきびしい!

最初のうちは、電車の駅1区間ずーーーっと笑顔でいるだけでも

顔がピクピクしていました。

それが続けているうちにできるようになるんですよーーー

 

笑顔の効果は医学的にもいろいろ証明されていますが、

何よりいいのは気持ちが明るくなること、

明るい発想になること。

今の私たちにはとても必要なんじゃないかな。

 

頬骨が上がるから、お肌もリフトアップされますよ♡

 

笑い方にもコツがあるんです。

ほほ骨の外側を上げるつもりで笑いましょう。

笑っているつもりでも口角が下がっていて、

泣いてるのか笑ってるのかわからないような笑顔の人、意外と多いんですよ。

 

そしてこの笑い方をすると、自然と姿勢もよくなるんです。

 

笑顔が免疫力もUPさせてくれますよ!

 

マスクの下で笑顔キープ!

やってみてね☆

 

 

| きらくかん日記 | 2020.04.04 Saturday | 21:24 |
風邪にかかっても死なない体を作ろう!

新型コロナウイルスで、マスクが品切れ・・・

一日中ニュースでやってますね。

 

予防は大切かもしれませんが、

それよりも

「風邪にかかっても死なない体を作る」

ことが大切!

 

例えば、コロナウイルスなら、

 

‖硫垢鬚△欧凸髪嵶呂鬟▲奪廚気擦襪海

肺の機能をあげておくこと

 

の2つが有効だと思います。

 

体温をあげるのは、体が温まるものを食べてもダメです。

内臓の血行が悪ければ、どんなものを食べてもおなかの中で冷えてしまいます。

 

内臓の血行を良くしましょう。

 

一番簡単なのはおなかをいつも伸ばしておくこと。

突き出すんじゃないですよ、垂直に伸ばすイメージです。

肩でも胸でもなくて「おなか」を伸ばす!

 

それだけで内臓や、体の大きな関節、股関節の血行が良くなるので

体が温まりやすくなります。

 

肺の機能をあげることは、

ただ呼吸をする、ということではなく

どこを使うか、がポイントです。

 

肺の一番広い空間は背面の下のほう。

さっきの、おなかを垂直に伸ばすと、ここに息が入れやすくなります。

首が前に出ていると、肺の下まで空気が入らないので、

頭を背骨の上に乗せるつもりで、首を引っ込めましょう。

 

免疫力をあげて、肺を元気にする体の使い方。

気になる人はからだレッスンにおいでーー

 

 

| きらくかん日記 | 2020.02.04 Tuesday | 22:37 |
つったら歩く

梅雨〜夏〜秋と足がつりやすくなる季節です。

 

足のつりは、腎臓とも関係があるんだけど、やっぱり基本は筋肉の問題。

普段あまり伸縮してないとこを伸ばしたりするとつります。

だから、エクササイズをやってて足をつるのは、

普段動かしてないところを使えたよ、というサインなので、

きらくかんのからだレッスンで足をつると、

 

「合ってます♪」

 

と言われます(笑)

 

夜中に寝ながら足を伸ばしたら、うぎゃーーー!つった!

と、悶絶することありますよね。私も新しいエクササイズやると、いまだにありますよ。

 

が、今は大丈夫。

なぜなら、足のつりを即直す方法を知っているからです。

 

足をつったら歩きましょう。

つった筋肉をもんでも、伸ばしても治りません、

伸縮、伸び縮みさせることで治るんです。

 

足のうらでも、ふくらはぎでも、うらももでも、すねでもどこでも同じ。

とにかく歩く、普通に歩く、

寝ていてつっても、眠いけど、ウトウトしながら歩く。

歩き始めは痛いけど、すぐ治まります。

 

試してみてね!

 

 

 

| きらくかん日記 | 2019.07.13 Saturday | 09:09 |
首と気圧

梅雨や台風がやってくると

気になるのは

 

「気圧」

 

気圧変動が苦手な人、多いですよね。

 

頭が痛い、思い

めまいがする

気持ちがわるい

気持ちが落ちる

イライラする、などなど

 

不快な症状のオンパレードです。

 

気圧にやられやすい体の特徴は

 

「首」!

 

首が前に出ています。

昨日のポッコリお腹と同じですね。

 

首って神経の束だから

直接ゴリゴリしたりもんだりしちゃいけません。

 

私も昔は首を変える施術、苦労しました。

上手く首を変えられた!と思ったら、

すごいめまいや吐き気になっちゃったり。

もちろん、そのあとはすっきりよくなるんですけど、

ちょっと不安になりますよね。

 

で、今はというと

首、チョーー得意ですっ(笑)

 

首はね、首ほとんどいじりません。

 

骨盤の角度と

背中の使い方で変えるんです。

 

どこをどう使うかは

体によって違うので、

首がつらーい、

低気圧、つらーい、という人は

ぜひぜひ、からだレッスン受けてくださいね!

 

 

 

 

 

| きらくかん日記 | 2019.06.08 Saturday | 11:28 |
昔の人とは違う

「え?そんなブログあったんですか?」

 

私が書いている、もう一つのブログ、

産前産後の体について書いているブログ。

 

きらくかんのHPでも、その存在がわかりにくいみたいで(ゴメンナサイ!)、

知らなかったよー!という方が、よくいらっしゃいます。

 

たまにこっちでもお知らせしますね!

 

で、今日そっちのブログに書いたのは、

産前産後以外の人にもぜひ知ってもらいたいこと。

 

昔の人と、今の人の体は違うんだよ、

だから体づくりに必要なことも違うんだよー、

 

と言うお話です。

 

これだよ⇒http://kirakunaosan.jugem.jp/?eid=54

 

ぜひ読んでみてね!

 

| きらくかん日記 | 2019.05.28 Tuesday | 19:09 |
意志とわがままの違い

「自分の意志を持とう」

「え?でもそれってただ我を張ってたり、ワガママなだけじゃないの?」

 

自分の意志とワガママってどう違うんだろう?

それって見方が違うけど同じもの?

 

体を観ると違うんです。

それが自分の意志なのか、思い通りにしたいワガママなのか。

 

自分の意志がある人は、体に軸があります。

思い通りにしたい、ワガママな人には、軸がなくて、

手首が固くて親指に力が入っています。

 

自分の意志がある人は、

その意志を伝えることはあるけれど、

まわりの人に強制しません。

 

思い通りにしたい人は、

まわりの人を思い通りにしたい、

同じ価値観を強要したくなります。

 

人をコントロールしたくなくても

そのからだになっていると

ついついコントロールしたくなってしまうんです。

 

からだマスターコースでは

後半の3ヶ月で「なりたい自分」を作っていきますが

それは前半の3ヶ月で自分の軸ができているからできることなんです。

 

東京も大阪も、そろそろ後半。

自分は、どんな人になりたいのか、

どんな人生を送りたいと思っているのか。

 

それに気づいていくこともとても面白いですよ。

 

からだマスターコース

東京&名古屋クラス、

9月スタートです。

 

詳細はコチラ

http://www.kiraku-kan.com/14498001972510

 

 

 

 

 

 

| きらくかん日記 | 2019.05.24 Friday | 17:55 |
万人向けエクササイズと個人向けエクササイズ

きらくかんのエクササイズは

 

「効くぅ〜〜〜!」

 

と感じるものが多いと思います。

 

たとえばテニスボールを使ったほぐしのエクササイズも

世間に出回っているものよりも、かなり効きます。

 

「テレビでみたテニスボールの筋膜リリースはこうでしたよ?」

「本で読んだのでは、動いちゃダメって書いてあったんですが、動いていいんですか?」

 

と質問されることがあります。

 

もちろん大丈夫だからやっていただいているのですが、

その違いはどこから来るのかというと

 

万人向けと個人向け

 

の違いなんです。

 

テレビや本で紹介されているエクササイズは、

そのエクササイズをやる人を直接見ることができません。

お体の状況も、体のセンスも、年齢も。

どんな人がどんなふうにやるかがわかりません。

 

となると、どんな人が、どんなふうにやっても故障しないように

少しソフトな感じで紹介することになります。

 

きらくかんでやるエクササイズは

パーソナルのレッスンであっても、

グループのワークショップであっても、

エクササイズをやる人を直接見ながら指導します。

だから、この人ならやれること、

そして、その人に効くためには、

どのくらいの回数や強度でやればいいかを、

ちゃんと確認しながら行っているので、

 

「効くぅ〜〜〜!」

 

になるわけです。

 

ですから、私が本やyoutubeで紹介しているエクササイズも

普段のからだレッスンやワークショップでやっているものとは

少し違います。万人向けにアレンジしたものを紹介しています。

 

ただ残念ながら、多くのトレーナーや指導者が

そこを理解していないんです。

体の観察力がないから、その人にちゃんと効くためのアレンジができない。

それどころか、観察すらしていない。

それではマンツーマンでやる意味がないのになあ〜と

残念に思います。

 

自分にあった、きっちり効くエクササイズを知りたい人は

ぜひからだレッスンマスターコースに来てください。

 

そして、マスターコースは

体の観察をしながら体づくりをしていくので、

体の観察力がすごく身についてきます。

 

先日のマスターコースでも背骨の状態を観察しましたが、

たぶん、プロのトレーナーや、整体師さんたちより

みんなちゃんと観察できていましたよ(笑)

 

 

ちゃんと効くエクササイズができる、ということは

自分の体を深く知る、ということと同じなんです。

 

体ってホントに面白いですよ!

ぜひきらくかんで、実感してくださいね!

 

きらくかんwebサイトはコチラ

 

 

 

| きらくかん日記 | 2019.05.05 Sunday | 10:06 |
趣味とからだレッスン

ベテランのきらくかんユーザーは

きらくかんの使い方が上手です。

マスターコースの修了生でもあるTくんもそのひとり。

 

久しぶりに卓球を始めたら、

そのせいか右腕が変…

とからだレッスンを受けに来ました。

 

ラケットも持って来てくれて

フォームも見せてくれたので、

体の使い方がよくわかりました。

 

「脇を締めて、腕の筋肉を固めて使っているよ」

「今よりもちょっと肘を後ろに引くと、背中の筋肉が使えると思うよ」

 

卓球のことは詳しくない私でも、

どこをどうすれば体の使い方が変わるかはわかります。

 

「ほんとだ、たしかにこうすると腕の力が抜ける」

「動きが自由になるね」

 

フォームが改善されると、体は使いやすくなり、

パフォーマンスは向上します。

 

さらに、いいフォームになるための

エクササイズをプログラムします。

 

「あぁ〜、ここかぁ〜」

「これは効くねえ〜」

 

エクササイズが終わると

 

「すっごく楽!」

 

スポーツだけでなく、

フラやベリーダンス、

歌や楽器など、

趣味をもっと楽しむための、体の使い方や作り方、

その人の体の使い方のクセの分析なども

からだレッスンではできるんです。

 

ぜひきらくかんを上手に活用してくださいね!

きらくかんのウェブサイトはコチラ

 

 

 

| きらくかん日記 | 2019.05.04 Saturday | 08:25 |
体の自己分析はたいてい間違っている

不調を持って、からだレッスンを受けられる方の中には

自分なりに、自分の体を自己分析している人がいらっしゃいます。

 

「私は体の左側が悪いので」

「私は筋肉が弱いので」

「3年前のぎっくり腰のせいで、腰を悪くして」

「出産で骨盤がずれて」

「もともと股関節が悪くて」

 

残念ながら、たいていは間違っています。

 

 

左側が悪いんじゃなくて、左に重心がかかりっぱなしになってるだけだったり、

筋肉を使っていないだけだったり、

ぎっくり腰になる前から、ぎっくり腰になるような腰に負担のかかる体の使い方をしていたり、

出産後に日常運動量が減って筋力が落ちて骨盤が傾いてるだけだったり、

股関節が悪いんじゃなくて子供のころから、腰をいつも丸めて座るくせがあるだけだったり、

 

問題なのは、その自己分析をレッテルのように自分に貼って

 

「だから治らない」

「だから悪いのは仕方ない」

 

と思ってしまうこと。

 

レッテルを貼って、不調のある自分のままでいたい人はそれでもいい。

 

でも、もっと快適に体を使えるのに、

好きなこと、やりたいことができるのに、

治らない、できない、と思ってしまうのは

本当にもったいない。

 

からだレッスンの良さは

 

不調の理由がわかること

その不調をどうしたら改善できるかがわかること

 

からだマスターコースの面白さは

 

からだの仕組みがわかるから

間違った自己分析をしなくなること

不調にならないために、改善するために

自分の体の付き合い方がわかること

 

だからこそ、もっともっと多くの人に

きらくかんを届けたい、

そう思っています。

 

からだマスターコース名古屋クラス9月スタート

東京クラスも9月開講できそうです!

決まり次第ブログでもお知らせしますね!

 

 

 

| きらくかん日記 | 2019.04.26 Friday | 11:51 |